シニアのパソコン ライフを楽しみましょう!
シニアのパソコン夢工房TOP >

外字の作り方

[文字サイズ]  大きく普通

外字の作り方


人名などに使われている異体字の漢字を入力しょうとしたが、かな漢字変換に見付からない・・・
また、「こんな記号があれば・・・」と思ったことはありませんか?
そんなときはウィンドウズに付属する 「外字エディタ」を使って、漢字や記号が作れます。


外字とは
パソコンには標準的な文字は用意されていますが、異体字や特殊な記号などは用意されていないことがあります。これらの「用意されていない文字」のことを "外字" といいます。


ただし外字の登録はコンピュータごとになるため、その外字を登録したコンピュータ以外では、表示も印刷もできないので注意してください。


外字エディタとは
外字エディタとは、マイクロソフトのMicrosoft Windowsシリーズに搭載されている外字登録ツールのことで、自由に外字を作成、登録することができます。

例えば、名簿を作成していると
   
とかいう姓名がよく出てきます。よく見ると「士」が「土」になっています。「よし」や「きち」で漢字変換すれば「」になり、この「」という字は標準的な文字でないので辞書には用意されていないために変換してくれません。
こういう時に外字エディタを使って作成して登録しておくと入力することができます。
■外字の作り方はいろいろありますが、ここでは次の3通りの方法で説明します。
≪外字の作り方 メニュー≫ 
■外字エディタの起動
■簡単な外字の作成
■複雑な外字の作成
■自分だけのマークの作成
■作成した外字を入力するには


外字エディタの起動
■ Windows XPの場合
「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「外字エディタ」をクリックする。



■ Windows 7の場合
「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「システムツール」⇒「外字エディタ」をクリックする。



「外字エディタ」が起動して「コードの選択」画面がでます。
何もない状態で「FO40」が選択されています。もしそこに文字が入っておれば右方向の1.2.・・・・EFのなにもないマス目めところをクリックします。その位置が「外字のコード」になります。
マス目に「空白」や「・」 が表示されている場合には、そのコードに外字が定義されていません。文字があれば、そのコードに外字が割り当てられています。


<ツールの使い方>


既存の文字の一部分を活用した簡単な外字の作成

既存の文字の一部分を活用して外字を作成します。
1.「外字エディタ」を起動する
何もないマス目を選択し、外字のコード(下図ではF040)を決定し、「OK」をクリックします。
2.@「編集」からA「文字のコピー」をクリックする。
3.「フオント名」をクリックする。
4.@使用する「フオント名」を選択し、A「OK」をクリックする
5.既存の文字を選択する
@[形]の部分に[きち]と入力し、漢字変換で「吉」を選択します。
A「OK」をクリックします。
6.文字を修正する
@「消しゴムツール」でいらないところを消します。
A「鉛筆ツール」を選択し、クリックしながら書き足していきます。




<ヒント>
・「鉛筆ツール」を使って右クリックすると「消しゴムツール」になります。
・文字を作って「メニューバー」→「表示」→「輪郭線」をクリックすると、その文字を印刷したときの形が見られます。
・画面を元に戻すには「輪郭線」のチェック外します。
7.作成した外字を保存する
@「編集」からA「同じコードで保存」をクリックします。
8.保存した外字を確認する
@「編集」からA「コードの選択」をクリックします。
最初に選択したコードのマスに「」が作成されています。
「OK」をクリックします




「へん」と「つくり」を利用した複雑な外字の作成
「静」と「坤」から「をつくりましょう。

1.「外字エディタ」を起動し、文字を登録する場所(コード)を選択する。
「OK」をクリックします。
2.@「編集」からA「文字のコピー」をクリックする
3.「フオント名」をクリックする
4.@使用するフオント名「MS明朝」を選択し、A「OK」をクリックする。
5.既存の文字を選択する
@「形」に「せい」と入力し漢字変換して「静」を選びます。
A「OK」をクリックします。
6.文字を修正する
「編集」の画面に「静」ができます。
ツールバーの「四角形選択」で「青」の部分をドラッグして囲みます。
選択した部分を「編集」 ⇒ 「切り取り」で消します。
残った部分は「消しゴム」で消します。
7.「へん」をコピーする文字を呼び込む
「メニューバー」の「ウィンドウ」から「参照」をクリックします。



「フォント」を「MS明朝」にします。
@土扁を使った漢字「坤」を参照画面に呼び込むため、「形」に「こん」と入力し、漢字変換して「坤」を選びます。 「坤」でなくても、土扁の漢字なら知っている漢字を参照画面に呼び出してください。
A「OK」をクリックします。



「参照」画面に「坤」が呼び出されます。
8.「へん」を張り付ける
「四角形選択」で「土」の部分を囲み、ドラッグし、「編集画面」に貼り付けます。
7.作成した外字を保存する
が作成されました。
「編集」の「同じコードで保存」をクリックします。
8.保存した外字を確認する
「編集」の「コードの選択」をクリックすると、作った「」が保存されています。




自分だけのマークの作成
「○」に「合」の文字を組み合わせて、オリジナルの記号を作りましょう。
1.「外字エディタ」を起動し、文字を登録する場所(コード)を選択する
「コード選択」から文字を登録する場所(マス目)を選択し、「OK」をクリックします。
2.@「編集」からA「文字のコピー」をクリックする
3.「フオント名」をクリックする
4.@使用する「フオント名」を選択し、A「OK」をクリックする。
5.既存の文字を選択する
@[形]の部分に[ごう]と入力し漢字変換し「合」を選びます。
A「OK」をクリックします。
6.文字を縮小する
「編集」画面に「合」ができます。
このままだと大きいので「四角形選択」で囲い縮小して中央に戻します。
<ヒント>
・拡大縮小を行うと文字の太さが変わります。繰り返すと形が崩れるので、一度にやるのがコツです。
・やり直しは「編集」→「元に戻す」
「メニューバー」の「ウィンドウ」から「参照」をクリックします。
7.組み合わせる文字を呼び込む
@[形]の部分に[まる]と入力し漢字変換し「○」を選びます。
A「OK」をクリックします。
8.文字を組み合わせる
右の「参照」画面に「○」ができます。
「四角形選択」で、「○」を囲みドラッグして「編集」画面に移動します。
7.作成した外字を保存する
が作成されました。
「保存」は「編集」から「同じコードで保存」をクリックします。




作成した外字を入力するには
■ Windows XPの場合
ワードの文章で外字を入れたいところにカーソルを移し、
「IMEスタンダード」の「IMEパッド」をクリックし、表示されたメニューから
「文字一覧」をクリックします。
@▼をクリックして「スクロールバー」を下にドラッグし、A「外字」をクリックします。
「IMEパッドー文字一覧」に作成した「文字」が保存されているので、
使用する文字をクリックします。

カーソルの位置に外字が挿入されます。
■ Windows 7の場合
ワードの文章で外字を入れたいところにカーソルを移し、
「IMEスタンダード」の「IMEパッド」をクリックし、表示されたメニューから
「文字一覧」をクリックします。
「スクロールバー」を下にドラッグし、「シフトJIS」をクリックして「外字」をクリックすると右に外字が表示されるので、使用する文字をクリックします。
<ヒント>
よく使う外字は、IMEで単語登録しておくと便利です。
ワードの文章で外字を選択した状態で、
 IMEのツールをクリックし、単語/用例の登録をクリックします。



単語/用例の登録の画面で、作成したときの外字の読みを入力し、登録をクリックします。次回入力のときは
通常の漢字変換と同じように、「よみ」を入力してかな変換します。




「コードの選択」から作成した外字を削除するには
■「F045」を削除する場合
「外字エディタ」を起動し、「F045」を指定し「OK」をクリックします。
削除する文字「」を「四角形選択」で囲みます。
「編集」の「削除」をクリックします。
「編集」から「同じコードで保存」をクリックします。
「F045」の「」は削除されました。




パソコンで音楽を楽しむ
パソコンで音楽を聴く
CDから音楽を取込む
カセット・LPから取込む
オリジナルCDをつくる
パソコンで映画を見る
パソコンでカラオケ
パソコンで写真を楽しむ
写真の取り込み・整理
写真の修整・加工
パソコンで絵を描こう
ワードでお絵かき
ペイントでお絵かき
パソコンで描く水彩画
パソコンで絵手紙
インターネットを活用
インターネットの豆知識
効率的な検索の仕方
ダウンロード
楽しいサイトの紹介
フリー(無料)ソフト
メール
写真や資料の添付
迷惑メール
ワードあれこれ
ワードで図を使いこなす
外字の作り方
自分だけの年賀状
かんたん往復はがき
宛名ラベル
名刺のつくりかた
町内会のお知らせ
オリジナルカレンダー
フォト俳句(写真俳句)
旅のしおり
チケットの作り方
背景の削除
画像を好きな形に加工
画面の切り取り保存
エクセルいろいろ
グラウンドゴルフ成績表
郵便番号から住所録
リンク集
シニアのリンク
パソコンのリンク
趣味と教養のリンク
リンクについて
お問い合わせ
Copyright(c) シニアのパソコン夢工房 All rights reserved